toggle
LA096

昭和美術館 | 名古屋市

2018-04-30

〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX 052-832-5851

平成30年3月17日(土)~7月1日(日)
休館日
祝日を除く月曜日・火曜日
開館時間
午前10時~午後4時30分(入館受付は午後4時までです)
内容

昭和美術館は茶道に関わりの深い収蔵品と茶庭・茶室を有する美術館として当地で開館し、本年40周年を迎えることができました。

昭和美術館の収蔵品は明治後期から昭和初期にかけて当館設立者の後藤幸三とその父安太郎、幸三の妻はなの3人がそれぞれの興味や意向をもって集めたコレクションが基礎となってかたちづくられました。
開館40周年を記念した本年の上期展(3月~7月展示)では当館のコレクションのうち、茶道具の優品を展示いたします。10月5日より下期展「コレクション書画優品展」にて書画を中心とした展示を開催いたします。上期・下期展示を通し、蒐集した個人の好みが反映されたコレクションの個性をお楽しみください。
展示予定品:中興名物 古瀬戸尻膨茶入 銘「伊予簾」 (室町時代後期)
朝鮮唐津一重口水指 (江戸時代初期)
斗々屋茶碗 銘「嵐山」 (朝鮮・16~17世紀)
色絵鷺香合 野々村仁清 作 (江戸時代初期)
芦屋梅桜地文真形釜 (室町時代後期)
ほか 約40点を展示予定(展示品は変更となる場合があります)
観覧料
一般600円、大学生・専門学校生500円、高校生以下無料 他
65歳以上550円(年齢の分かる身分証明証をご呈示下さい)
平成30年5月9日(水)は開館40周年を記念して入館無料といたします。
展示解説

3月21日(祝・水)、4月7日(土)、4月22日(日)、5月5日(祝・土)、
5月20日(日)、6月2日(土)、6月17日(日)
各日14時より学芸員による展示品の解説をおこないます。(約20分)

 


関連記事
Comment





Comment